仙台牛A5ランクの肉を使用した冷凍ローストビーフ押しずし

(PR TIMES)

冷蔵庫解凍、自然解凍もできる冷凍ローストビーフ押しずし

株式会社海星(本社:東京都中央区新川2-21-16、代表取締役:佐藤哲也)は、レンジやお湯などを使わず"自然解凍"や”冷蔵庫解凍”するだけで、お店で食べる物とまるで遜色がない仙台牛A5ランクローストビーフ寿司を販売予定でございます。

<海星の冷凍ローストビーフ押しずし>3つの特徴

[画像1: https://prtimes.jp/i/90880/5/resize/d90880-5-126e05eb30475910e393-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/90880/5/resize/d90880-5-8bc8c685d270964c35a1-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/90880/5/resize/d90880-5-6a6394b41f5e2e335aa1-2.jpg ]



1老舗の最高級牛ローストビーフを使用
・昭和12年創業、仙台市の老舗店「肉のいとう」様の仙台牛A5ランクのローストビーフを使用しています。
このお寿司に使用しているローストビーフは上質で十分な旨味があるため、タレなどで味付けしなくても、素材本来の味が活きてきます。またさらに味に深みを出すために、ローストビーフと酢飯の間に仙台牛A5ランクのコーンビーフを敷きました。

2海星の画期的なシャリを使用

[画像4: https://prtimes.jp/i/90880/5/resize/d90880-5-ccc184a55b331f44629b-4.jpg ]


・冷蔵庫で冷凍シャリを解凍できる海星のスーパーシャリを使用しています。こちらは冷蔵庫の中で12時間までは品質保証いたします。
もちろん常温解凍やレンジ解凍も可能ですが、レンジ解凍ができない大口様(航空機、旅館、仕出し、老人ホームなど)にぴったりです。
※レンジ解凍しかできない冷凍寿司ですと、手間がかかるうえ、使用方法を間違えますと食べられる状態ではないお寿司になることもあります。またネタが焼けてしまう恐れもございます。

3温度変化に強い冷凍寿司
・一般的な冷凍寿司は、温度変化に弱く、少しでも温度変化すると白蝋化する場合がございます。
海星の冷凍寿司は、解凍したお寿司を常温保存後、再度冷蔵庫に戻しても大丈夫です。
また一度解凍しきったお寿司を再度冷凍庫保存しても、解凍後にお召し上がりいただく事もでいます。(※こちらは菌や食中毒などの関係上、ネタがのっている場合は、お取引先様にはお止めいただくように申し上げております。)

<冷凍ずしの利用シーン>
ご自宅はもちろん、機内食、ケータリング(駅弁、仕出し、老人ホームなど)、通販、レストラン(国内外)などさまざまなシーンで活躍いたします。


<ロストビーフ押しずし 製品概要>
価格:要ご相談 ※お寿司の種類やネタによって価格はさまざまです。
販売方法 : 冷凍
現在の販売店 : 大手百貨店、通販、ホテル、旅館
希望販売店 : 航空会社、電車の駅弁や通販、日本食レストラン(国内外)


<株式会社 海星について>
会社概要
株式会社 海星
東京都中央区新川2-21-16
代表者:佐藤哲也
設立:1990年
http://www.kai-sei.com
冷凍食品製造販売

[お客様、報道各社様からのお問合せ先]
03-3555-8308
tetsuya@kai-sei.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ