福生病院の人工透析中止、安楽死・尊厳死の論議につなげよ 【舛添要一の僭越ですが(157)】 次期都知事選めぐって、二階幹事長が生んだ軋轢

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

【舛添要一の僭越ですが(157)】 次期都知事選めぐって、二階幹事長が生んだ軋轢	の記事画像

人工透析装置=cc0

 東京都の公立福生病院で、昨年8月に外科医が腎臓病患者(当時44歳)に人工透析治療をやめる選択肢を示し、患者はそれを自らの意思で選び、1週間後に死去した。この選択肢提示が適切だったのか否か、安楽死・尊厳死問題とも絡んで議論を呼んでいる。 腎不全で自らの腎臓で血液中の毒素や老廃物を取り除くことができなくなると、根本的治療は腎移植だが、人工透析(週3回、1日3~5時間)で血液浄化が可能である。現在30万人以上…

出発:

到着:

日付:

時間:

test