ドイツ経済リセッション寸前 財政刺激策を必要 【経済着眼】中国向け中心に輸出が大きく落ち込む

俵 一郎:経済着眼 (国際金融専門家)(News Socra)

メルケル首相

 ドイツの4-6月(第2四半期)実質GDPは前期比−0.1%とマイナス成長となった。四半期実質GDPは、昨年後半からプラスマイナス0.5%の冴えない成長率実績をたどっている。 足元の数字を見ても、金融市場関係者を対象にしたドイツZEW景況感指数も、企業の景況感を表すIfo指数も8月は悪化している。来年についてはドイツ銀行などが—0.1%とマイナス成長を予測している。 ドイツの中央銀行であるブンデスバンクが先日、「企業部門…