スバルの第2世代水平対向エンジンが生産終了へ レガシィから30年、今後は第3世代にバトンタッチ

岩城 諒 (経済ジャーナリスト)(News Socra)

Subaru Ej20Gツインターボエンジン=cc0

 SUBARU(スバル)が1989年1月発売の初代「レガシィ」から30年余にわたって主力車に搭載してきた第2世代の水平対向エンジン「EJ20型」の国内販売が2019年いっぱいで終了することになった。 スバルは名機とされるEJ20型エンジンを搭載する「WRX STI」のファイナルモデルを東京モーターショー(10月24日一般公開)に合わせ、全国で555台限定販売する。熱烈なファンの殺到が予想されるため、販売は抽選になるという。 スバルの水…