トランプのパリ協定離脱は不発、石炭会社の倒産バタバタ 【エネから見える世界】支持基盤のエネ業界は先細り、大統領選にも悪影響

阿部 直哉 (リム情報開発・総研チーム)(News Socra)

Reuters

 トランプ米大統領は11月4日、国連に対し、地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」からの離脱を正式に通告した。2020年11月に予定される米大統領選挙で再選を目指すトランプ氏は、化石燃料業界からの支持拡大を狙ったとされるが、米国では近年、大手石炭会社の経営破綻が相次いでいるため、パリ協定離脱が再選に追い風となるかを疑問視する声も出ている。 米エネルギー情報局(EIA)は今年9月末、長期見通しを発表し、…