東京高検検事長が異例の定年延長、究極の「恐怖人事」 【小塚かおるの政治メモ】安倍政権、官僚掌握術としての人事を断行

小塚かおる (日刊現代第一編集局長)(News Socra)

【小塚かおるの政治メモ】安倍政権、官僚掌握術としての人事を断行の記事画像

cc0

 安倍政権は目的のためなら手段を選ばない――。官僚機構がまたしても震え上がるような前代未聞の人事が1月31日閣議決定された。2月7日に定年を迎え退官する予定だった黒川弘務・東京高検検事長(62)の勤務を半年間延長し、8月7日まで延ばすというものだ。 東京高検検事長は検事総長に次ぐ検察ナンバー2である。 検察庁法では検事総長は65歳、その他の検察官は63歳に達した時に退官すると定められている。一方…
test