検察庁法改正先送り、政権の長期化が検察の中立性をゆがめた 【舛添要一が語る世界と日本(38)】検察の暴走チェックは内閣が、内閣へのチェックは政権交代で

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

【舛添要一が語る世界と日本(38)】検察の暴走チェックは内閣が、内閣へのチェックは政権交代での記事画像

CC BY-SA っ

 いまなお新型コロナウイルス感染問題が終息しない中で、検察官の任期延長を可能にする検察庁法改正案をめぐって、与野党が対立している。 芸能人をはじめ多くの著名人がこの法案に反対し、SNSで「#検察庁法改正案に抗議します」に賛同する人の数が500万人を超えたという。 5月15日、松尾邦弘元検事総長ら検察OB14人が、改正案に反対する意見書を法務大臣に提出した。これは極めて異例のことである。 さらに、18日には、東…
test