ロシアとポーランド・EU間の亀裂 第二次大戦の開戦要因めぐって 【ロシアと世界を見る目】ロシアによる対独戦勝パレードに垣間見た、プーチン大統領の歴史認識

小田 健:ロシアと世界を見る目 (ジャーナリスト、元日経新聞モスクワ支局長)(News Socra)

【ロシアと世界を見る目】ロシアによる対独戦勝パレードに垣間見た、プーチン大統領の歴史認識の記事画像

対独戦勝記念大パレード(2007年5月9日)=CC BY-SA Em and Ernie

 24日、晴れ渡ったモスクワ赤の広場で対独戦勝記念大パレードが挙行された。 ロシアが毎年5月9日に祝ってきた最大の国家式典だが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。 式典ではこれまで同様、兵士の一糸乱れぬ行進が印象的だったが、今回はロシアとポーランドの間で欧州における第2次世界大戦開戦の要因をめぐる「歴史戦」が進行する中での開催だった。 そこで、ウラジーミル・プーチン大統領がこの…
test