嘘つき都知事では東京に未来はない 【舛添要一が語る世界と日本(45)】小池圧勝、健忘症都民にツケまわる

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

【舛添要一が語る世界と日本(45)】小池圧勝、健忘症都民にツケまわるの記事画像

渋谷(2020年4月)=CC BY-SA ナギ (nagi)

 都知事選挙は、事前の予想通り、現職の小池都知事の圧勝に終わった。 得票数は、小池百合子366万1371票、宇都宮健児84万4151票、山本太郎65万7277票、小野泰輔61万2530票、桜井誠17万8794票、立花孝志4万3912票であった。 この結果をどうみるか。 まず、地方自治体の首長は、2期目が最強で、よほどの失政がないかぎり、再選する。それに加えて新型コロナウイルスの感染という事態が起こった。「このウイルスは小池都知事を…
test