それでも不安材料多い、米景気の先行き 【経済着眼】コロナ禍でダメージの米国経済、回復傾向に

俵 一郎:経済着眼 (国際金融専門家)(News Socra)

【経済着眼】コロナ禍でダメージの米国経済、回復傾向にの記事画像

FRB=CC BY-SA Hiyori13

 9月16日、FRBはFOMCを開催、終了後、23年末までゼロ金利政策を維持するとの方針を発表した。 3月に再開した量的緩和政策も維持する。物価上昇率も2%に到達するまで利上げを見送るとする「フォワードガイダンス」を強めた。以前はゼロ金利の維持は22年末としていたので景気見通しが慎重化したと言えそうだ。 まず、米国経済のこれまでの足取りをみると、今年3月に暴落した株価が示すように米国経済は1930年代の大恐慌以来の…
test