周回遅れの洋上風力発電 短期キャッチアップに期待 【緑の最前線(86)】21年から毎年100万KWの発電新設を計画

三橋 規宏 (経済・環境ジャーナリスト、千葉商科大学名誉教授)(News Socra)

【緑の最前線(86)】21年から毎年100万KWの発電新設を計画の記事画像

洋上風力発電(デンマーク)=cc

 再生可能エネルギーの「最後のフロンティア」といわれる洋上風力発電で日本の遅れが際立っている。コロナ禍後の世界経済復興のエンジン役として脱炭素と経済発展を両立させる手段として再エネへの期待が強まっている。その中で最も注目を集めているのが洋上風力発電だ。 洋上風力発電の世界全体の導入量は国際的な再エネ研究・調査機関、REN21(再生可能エネルギー政策ネットワーク21)によると、2008年に150万kwだったのが10…
test