FRBが緩和見直しに踏み切れないトラウマ 【経済着眼】インフレ懸念でも、「市場の癇癪」への恐怖が足をひっぱる

俵 一郎:経済着眼 (国際金融専門家)(News Socra)

 昨年、FRBが緊急利下げでゼロ金利と量的緩和の復活に踏み切ったとき、米国経済はコロナ感染の拡大で暗澹たる有様で、パウエル議長のハト派的な政策スタンスは今後何年も続けざるをえないように思われた。しかし、このところ、市場では落ち着いていたインフレが再燃しかねないとの懸念も広がっている。 FRBがいつ、どのように金融超緩和の巻き戻しに向かうのか、との関心も高まってきた。ただFRBのパウエル議長は過去のトラウ…