7日投票のソウル、釜山市長選、文政権の命運を左右 【ソウル発】検事総長辞任や不動産不祥事で与党に逆風

朴英南 (ジャーナリスト 在ソウル)(News Socra)

 韓国のソウル市長と釜山(プサン)市長を選ぶ補欠選挙が4月7日投開票と20日後に迫っている。2022年5月に行われる次期大統領選挙にも影響すると思われる今回の地方選挙は、結果によって政権末期に突入した文在寅(ムン・ジェイン)政権の運命が決まるものとみられる。 ソウルと釜山、両方とも野党候補が市長に当選した場合、文在寅政権のレイムダックが顕著となる見通しだ。半面、ソウルだけでも与党候補が勝利すれば文在寅政権…