政府の「外国人の不動産取得制限法」はマヌケだ 【軍事の展望台】安全保障の効果全くない 攘夷より開国を

田岡 俊次 (軍事評論家、元朝日新聞編集委員)(News Socra)

 政府は3月26日の閣議で、自衛隊と米軍の基地、原子力発電所の周辺約1キロや、国境付近の離島など安全保障上重要な土地が外国人に取得されないよう監視する「重要土地等調査・規制法案」を決定し、今国会で成立を目指している。 これらの地域は「注視区域」に指定し、土地、建物の利用実態を調査する。さらに自衛隊司令部など特に重要性が高い施設は「特別注視区域」と定め、土地、建物の売買は事前届を義務付ける。指定区域の…