アフリカのコロナ禍 首相・閣僚級にまで死者 今年はプラス2.7%成長 【世界を読み解く】小松原茂樹・UNDP(国連開発計画)マラウイ常駐代表に聞く

井出 敬二 (ニュースソクラ コラムニスト)(News Socra)

 コロナ・ウイルス禍で,アフリカはどういう状況だろうか。南部アフリカにあるマラウイ共和国で、UNDP(国連開発計画)の常駐代表として駐在している小松原茂樹氏に聞いた(聞き手は井出敬二)。―アフリカにおけるコロナ・ウイルス禍の状況はどうか? WHO(世界保健機関)によると、アフリカではこれまでに430万人がCOVID19に感染し、11万4千人以上が死亡した。アフリカには、昨年夏に第一波が襲い、昨年末から本年3月にかけ…