イチゴ戦線に異状 新興産地が新銘柄で攻勢 【農を考える】栃木の「とちおとめ」・福岡の「あまおう」の二大ブランドのシェア低下

山田 優 (農業ジャーナリスト)(News Socra)

 イチゴ好きの人なら「とちおとめ」や「あまおう」の名前を聞いたことがあるだろう。東西の横綱産地である栃木県と福岡県がそれぞれのイチゴを20年以上支えてきた。ところが、最近になって全国の産地が目新しい品種を武器に、市場シェア拡大に乗り出してきた。イチゴの世界で下克上は進むのだろうか。 「たしかに私たちも覚えられないぐらいブランドが増えましたよね」関西圏の卸売市場でイチゴを販売する担当者は苦笑いする…