環境修復を優先する「地球哲学」 日本はこれを掲げよ 【緑の最前線(93)】 地球哲学を憲法に明記し、教育の場にも導入を

三橋 規宏:緑の最前線 (経済・環境ジャーナリスト、千葉商科大学名誉教授)(News Socra)

 バイデン米大統領が主導して40の国・地域の首脳らが参加した気候変動サミットが先週オンライン会議で開かれた。会議に参加した菅義偉首相は2030年度の温室効果ガス(GHG)の排出量を13年度比46%削減とする目標を掲げ、さらに「50%の高みに向け挑戦を続けていく」と表明した。「その言やよし」である。それまでの日本の目標は,13年度比26%減と低く、環境に熱心世界の環境NGOや温暖化対策で一歩先を行くEU加盟国から「日本の…