FRBはインフレ兆候に見て見ぬふり 【経済着眼】住宅建設ブームに原材料価格の上昇、人件費にも高騰の気配あるが・・・

俵 一郎 (国際金融専門家)(News Socra)

 米国にいよいよ未曽有の好景気が訪れようとしている。世界的な投資家であるウォーレン・バフェットが「灼熱(red hot)」と名付ける米国景気によりインフレが高進する恐れを指摘していたほどだ。 一方で、厳しい言い方をすれば、FRBは強い景気回復の証左を見て見ぬふりをし、金融システムの不安定化やインフレ再燃の兆候を直視するのを避けているようにみえる。 米国では第一四半期の実質GDPが前期比+6.4%となり、パンデミ…