米中対立、当面の焦点はWHO総会への台湾参加 【近藤大介の東アジア展望】中国は解放軍などの反発で反対変わらず

近藤 大介 (ジャーナリスト)(News Socra)

 東アジアウォッチャーの近藤大介さんに、最近の米中関係について聞きました。当面の焦点は5月24日に予定されているWHOのオンライン総会に台湾がオブザーバーとして参加できるかどうかだと言います。米国はG7などとタッグを組んでWHOに圧力をかけているが、中国の反対も根強く、どうなるかは微妙だと指摘しています。(聞き手はニュースソクラ編集長、土屋直也) インタビュー動画はこちら発言骨子は以下の通り①5月4、5日に…