米国 ロシア石油の輸入急増――安全保障上の議論なし 【ロシアと世界をみる眼】石油産業のロビーが奏功?

小田 健 (ジャーナリスト、元日経新聞モスクワ支局長)(News Socra)

 米国のロシア産原油・石油製品の輸入が増えている。米エネルギー情報庁(EIA)が5月末に発表した統計では、ロシアの石油の3月の月間輸入量はおよそ2300万バレルで、2009年5月以来の最高となった。 ロシアからの石油輸入は年間ベースでみると、ウラジーミル・プーチン政権が誕生した2000年から徐々に増え始め、2011年には2億2800万バレルに達した。その後減少傾向にあったが、2019年から増加に転じている。2020年は1億970…