G7が呼び覚ます「北京の55日」ー危うい国恥と滅洋の記憶 【けいざい温故知新】1900年の欧米日8か国の北京占領をG7に重ねる中国メディア論調

土谷 英夫 (ジャーナリスト、元日経新聞論説副主幹)(News Socra)

 英国コーンウォールで11日から開くG7(主要7カ国)首脳会議に、中国が警戒感を高めている。先月ロンドンで開いた前座の外相会談の際には、清朝末の「義和団の乱」(北清事変)で北京に進駐した8カ国連合軍を、G7に見立てたパロディー写真が中国メディアに登場した。 中国の風刺画家がSNS「微博」に投稿したのは、外相らの集合写真を、背景はそのままに各国の軍服姿の連合軍兵士に差し替えたCG画像。官製メディアも取り上げ…