バイデン中国敵対の訪欧 中国「たいしたものじゃなかった」 【近藤大介の東アジア展望】米国はトルコにアフガン警備を依頼するほど弱体化

近藤 大介 (ジャーナリスト)(News Socra)

6月9日から16日までヨーロッパ3カ国を歴訪した、ジョー・バイデン米大統領の初の外遊が終了した。10日から12日までのイギリスG7(主要先進国)サミット、14日にブリュッセルで行われたNATO(北大西洋条約機構)首脳会議、16日にスイスのジュネーブで行われたロシアのウラジーミル・プーチン大統領との首脳会談が、「3大イベント」だった。 これら「3大イベント」に共通していたのが、台頭する権威主義国家・中国…