中国外交 次世代の担い手4人  【近藤大介の東アジア展望・動画】一押しは楊派でも王派でもない楽副部長 

近藤 大介 (ジャーナリスト)(News Socra)

 東アジアウォッチャーの近藤大介さんに、中国の駐米大使の交代を踏まえ、次世代の外相(外交部長)候補を占ってもらいました。次期駐米大使を含め副部長クラス4人に絞られていますが、近藤氏が最も買う一押しは、現在の副部長の楽玉成(ルー・ユイチェン)氏だといいます。(聞き手はニュースソクラ編集長、土屋直也) インタビュー動画はこちら発言骨子は以下の通り①駐米大使が交代するが、EUとの投資協定が停止になり、戦…