五輪は「コロナに打ち勝った証」という、政治家の言葉の軽さ 【舛添要一が語る世界と日本(100)】菅政権への国民の不信感、五輪開催でも変わらず

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

 7月23日、東京五輪が開幕した。 無観客であったが、開会式の会場となった新国立競技場周辺には大勢の人が集まり、お祭り気分を満喫していた。4度目の緊急事態宣言が発令されている東京で、異例の五輪開催となったのである。 菅政権としては、コロナを収束させ、五輪を成功させて、支持率を上げ、解散総選挙を行い、圧勝したいところであるが、その思惑通りになるかどうかは分からない。 各種の世論調査で菅内閣支持率は下げ…