自動車減産で7-9月期再びマイナス成長も 【木内前日銀政策委員の経済コラム(103)】感染拡大で東南アジアの部品工場停止が波及

木内 登英 (前日銀政策委員、野村総研エグゼクティブ・エコノミスト)(News Socra)

 今年春のルネサス工場の火災による車載用半導体不足の問題を脱した日本の自動車メーカーは、再びサプライチェーンの混乱の影響に見舞われている。マレーシア、インドネシア、ベトナムなど東南アジアでの感染拡大の影響で現地工場が停止し、半導体やその他自動車関連部品の供給に大きな支障が生じているのである。 東南アジアは、日本の自動車業界にとって生産拠点の集積地だ。国内自動車部品会社の海外生産拠点の3割は東南ア…