地味な扱いのノーベル生理学・医学賞だが  【医学者の眼】外的刺激メカニズム解明で治療薬の開発に道筋

中島 正治 (医師、医学博士、元厚労省局長)(News Socra)

 2021年ノーベル賞の話題は、物理学賞としては異例の気候変動に関する業績で、真鍋淑郎氏が受賞したことが大きく取り上げられています。 一方、生理学・医学賞の方は、大方の予想が新型コロナウイルス・ワクチンの開発に貢献したカタリナ・カリコさん他だったのに対して、熱や痛みの感覚器官(レセプター)に関する発見で米国のアーデム・パタプディアン氏とデヴィッド・ジュリアス氏が受賞しました。 予想を裏切られたためかど…