ブレグジットのツケ、英国では肉も野菜もガソリンもない 【経済着眼】移民トラック運転手を追い出し物資不足 さらにインフレに

俵 一郎 (国際金融専門家)(News Socra)

 総選挙で圧勝したジョンソン首相だが、このところ支持率が低下の一途をたどり、ついに30%を切った。それもそのはずで、英国民の生活が苦しさを増しているからだ。 スーパーでは食品不足で棚から野菜や肉がたちまち消えてしまう、ガソリンスタンドに行けば、ガソリンが売り切れている。一方で物価は、モノ不足や国際的なエネルギー価格の高騰で前年比4%と上昇を続けており、イングランド銀行では利上げの予告をしているほど…