賃上げ優遇税制は、安倍政権が失敗した 【木内前日銀政策委員の経済コラム(105)】岸田政権は賃上げ政策の見直しを

木内 登英 (前日銀政策委員、野村総研エグゼクティブ・エコノミスト)(News Socra)

 岸田政権は分配政策の一環として、法人減税措置を通じて賃上げを促す政策を検討している。しかし、こうした政策が消費の拡大、成長力の強化に繋がるかどうかは疑問だ。 政府の強い影響力によって仮に賃上げが進んでも、それが一時的だと考えれば、個人は消費を大きく拡大させず、賃上げ分の多くを貯蓄に回すだろう。また、賃上げ分だけ先行きの収益環境が悪化すると企業が考えれば、設備投資を抑制するのではないか。それは、…