「こども庁」創設が難航しているわけ 【舛添要一が語る世界と日本(117)】文科、厚労で調整つかず

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

 菅前首相が推進してきた「こども庁」の創設が難航している。 子供に関する政策は文部科学省、厚生労働省、内閣府にまたがっており、それを問題視した菅氏が「縦割り行政」の弊害を打破しようとして提案したものである。 岸田首相も、そのアイデアを引き継ぎ、実現のための準備を進めたが、省庁間の調整などに手間取り、2023年度以降に先送りすることになった。 分かりやすい例をとると、幼稚園の管轄は文科省、保育園の担当…