ユニフォームを回収、リサイクルし、障がい者の方のイベントで活用 和歌山・アドベンチャーワールドで開催した世界的イベントのユニフォームを提供

(PR TIMES)

別注ユニフォーム企画・製造会社、株式会社プロブレムソルビング及びプロブレムソルビング子会社の株式会社リビルドットでは、ユニフォームの回収、リサイクル対応力を強化し、環境保護、社会貢献型の企画提案を積極化します。

ユニフォームを通して企業の"服を通して企業や人の課題や問題解決(problem solving)”のお手伝いをさせて頂く、という企業理念に基づいて活動している、別注ユニフォーム企画・製造会社、株式会社プロブレムソルビング(井川克俊社長、兵庫県芦屋市、以下プロブレムソルビング)及びプロブレムソルビング子会社の株式会社リビルドット(井川克俊社長、兵庫県芦屋市、以下リビルドット)では、ユニフォームの回収、リサイクル対応力を強化し、環境保護、社会貢献型の企画提案を積極化します。 
[画像1: https://prtimes.jp/i/90160/1/resize/d90160-1-d50bbe5a3ce876b7ff9d-0.jpg ]


その活動の一つとして、和歌山県西牟婁郡白浜町にある動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパーク、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)で、11月3日に行われたイベント「ドリームデイ・アット・ザ・ズ―」で同パークと協業しました。ドリームデイ・アット・ザ・ズーは、障害のある児童とその家族を動物園に招待する世界的な取り組みです。

同パークは、日本で一番パンダの飼育数が多い動物園として有名ですが、「ドリームデイ・アット・ザ・ズ―」でボランティアが着用するユニフォームTシャツの制作をプロブレムソルビングおよびリビルドットが担当しました。
※プリントデザインはアドベンチャーワールドスタッフによる。

Tシャツは和歌山県産の廃棄予定だった規格外のみかんをリビルドットが有償で買い取り、皮で染色し、果肉は同パークの動物の餌として活用しています。

さらに、リビルドットの反毛リサイクルネットワークを生かし、合繊メーカーが生地を生産する際に排出した端材などを原料にして、パンダのクッションをユーザーとともに作るワークショップも開催し、同パークで販売も実施しました。

リビルドットは、ユニフォーム関連のリサイクル事業全般を請け負うために、今年6月にプロブレムソルビングの子会社として設立しました。リビルドットでは、ユニフォームを回収し、反毛にしてリサイクルします。反毛というのは、不要になった繊維(衣料、糸、布地)などを専用の反毛機械を使って、わた状に変化させることです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/90160/1/resize/d90160-1-f11e9de9e14b9de898a4-1.jpg ]


【「ドリームデイ・アット・ザー・ズー」とは】
「ドリームデイ・アット・ザ・ズー」は、本来の名称を「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」と言います。「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」は、障がいのあるお子様とそのご家族を動物園・水族館に招待し、気兼ねなく楽しいひと時を過ごしていただくための国際的なプログラムです。
1996年にオランダのロッテルダム動物園から始まりました。現在は日本を含め世界で40ヶ国、国内では27施設で実施されています。今回は、日中開催のため、名称を「ドリームデイ・アット・ザ・ズー」としました。・・・アドベンチャーワールド発表リリースから作成


【プロブレムソルビング 会社概要】
会社名 :株式会社プロブレムソルビング
所在地 :兵庫県芦屋市宮塚町12-24-2F6号室
代表者 :代表取締役 井川克俊
事業内容: ユニフォーム企画・製造・販売
資本金 :300万円
URL   :https://problem-solving.co.jp/

【リビルドット 会社概要】
会社名 :株式会社リビルドット         
所在地 :兵庫県芦屋市宮塚町12-24-2F6号室
代表者 :代表取締役 井川克俊
事業内容:廃棄物の用途開発およびプロデュース
資本金 :500万円


【本件に関する問合せ先】
株式会社プロブレムソルビング  担当:井川克俊
電話:050-3749-2820
メールアドレス:info@problem-solving.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ